コラム|豊中市の歯医者【みやなが歯科こども歯科】矯正歯科

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
土曜診療時間:9:00~15:00

〒561-0851
大阪府豊中市服部元町2-4-20 Reflet服部元町1F

tel. 06-6866-8230

キャンセル、予約変更は大変お手数ですが、当院にお電話のうえご用件をお伝えください。

  • 地図
  • メニュー

マウスピース矯正のメリット・デメリット

皆さんこんにちは。

みやなが歯科こども歯科です。

 

昨今、マウスピース矯正の人気が急速に高まっています。

 

従来の矯正法とは異なる点が多々るため、歯並びの乱れを快適に治したい人にとっては、強く惹かれる治療法といえます。

 

そこで今回は、当院でも行っているマウスピース矯正のメリットとデメリットをわかりやすく解説します。

 

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリットとしては、まず透明で目立たない点が挙げられます。

 

矯正治療というと、装置が目立ちやすい、見た目が悪いなど、審美面におけるデメリットを伴うのが一般的ですが、マウスピース矯正はその点において異なります。

 

装置を装着していても周囲に気付かれないことの方が多いことでしょう。

 

それから、好きな時に取り外せることもマウスピース矯正の大きなメリットのひとつといえます。

 

とくに食事をする時や歯磨きをする時にマウスピースを取り外せるので、治療前と同じような生活を送ることが可能です。

 

その他、歯の移動に伴う痛みが少なかったり、通院頻度が低かったりするなどのメリットも得られます。

 

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットは、ワイヤー矯正ほど適応範囲が広くない点です。

 

抜歯をして歯を大きく移動させるような症例は、どちらかというとワイヤー矯正の方が適しています。

 

また、着脱式の装置であるため、毎日必ず取り外して、お手入れしなければならない点も人によってはデメリットに感じられることでしょう。

 

とはいえ、ワイヤー矯正のように歯磨きがしにくくなるようなことはないので、装置を取り外せる点は、メリット・デメリットの双方に関わっている特徴といえます。

 

まとめ

このように、マウスピース矯正にはメリットだけでなく、いくつかのデメリットも伴いますので、両方を把握した上で治療を選択しましょう。

 

当院までご相談いただければ、患者さまにとって最善といえる矯正装置をご提案できるかと思います。