コラム|豊中市の歯医者【みやなが歯科こども歯科】矯正歯科

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
土曜診療時間:9:00~15:00

〒561-0851
大阪府豊中市服部元町2-4-20 Reflet服部元町1F

tel. 06-6866-8230

キャンセル、予約変更は大変お手数ですが、当院にお電話のうえご用件をお伝えください。

  • 地図
  • メニュー

マウスピース矯正はワイヤー矯正と何が違う?

みやなが歯科医院の宮永裕彰です。

 

矯正治療というと、まず頭に思い浮かぶのはワイヤー矯正ですよね。

 

マルチブラケットと矯正用ワイヤーを歯列に設置する治療法ですが、見た目や装着感にやや問題があるため、なかなか一歩踏み出せないという方も多いです。

 

今回はそんなマウスピース矯正とワイヤー矯正の違いについてわかりやすく解説します。

 

着脱式か固定式かの違い

マウスピース矯正とワイヤー矯正には、装着の様式に決定的な違いがあります。

 

言うまでもなく、ワイヤー矯正は固定式の矯正装置ですよね。

 

装置の設置と取り外しは、歯科医師でなければ行えません。

 

ですから、治療が開始すると、それから数年間、お口の中に矯正装置が装着されたままとなります。

 

一方、マウスピース矯正は着脱式の装置です。

 

マウスピースを着けるのも外すのも、患者さまご自身で行っていただきます。

 

食事や歯磨きの際に取り外せるのも着脱式の装置ならではの特長といえます。

 

見た目の違い

マルチブラケット装置を装着すると、どうしても口元の審美性が低下してしまいます。

 

目立ちにくい審美ブラケットやホワイトワイヤーを使うこともできますが、やはり近くで見ると矯正治療中であることが一目瞭然です。

 

その点、インビザラインに代表されるマウスピース矯正は、透明な樹脂製のアライナー(マウスピース)を用いることから、一見すると何も着けていないように見えます

 

つまり、マウスピース矯正なら治療期間中でも口元の審美性が低下することがないのです。

 

標準的な矯正治療は、2~3年に及ぶものなので、これは極めて大きなメリットといえます。

 

まとめ

このように、マウスピース矯正とワイヤー矯正を比較すると、さまざまな違いが見えてきます。

 

それぞれの矯正法にメリット・デメリットがあるため、最適といえる治療法は変わってきます。

 

そんな矯正治療についてさらに詳しく知りたい方は、いつでも当院までご相談ください。