コラム|豊中市の歯医者【みやなが歯科こども歯科】矯正歯科

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
土曜診療時間:9:00~15:00

〒561-0851
大阪府豊中市服部元町2-4-20 Reflet服部元町1F

tel. 06-6866-8230
  • 地図
  • メニュー

入れ歯の種類について

皆さんこんにちは。

みやなが歯科こども歯科です。

 

入れ歯の形態には、部分入れ歯と総入れ歯の2種類があります。

 

さらに、使用する素材や設計に違いによって、たくさんの種類に分けられます。

 

そこで今回は、入れ歯の種類について詳しくご紹介します。

 

保険診療の入れ歯

保険の入れ歯は「レジン床義歯」と呼ばれるものです。

 

人工歯だけでなく、義歯床の部分までレジンで作られた入れ歯です。

 

ほとんどの症例に適応できるだけでなく、壊れた際の修理も容易であるというメリットもあります。

 

ただ、素材がプラスチックであるため、義歯床が厚く、装着時の違和感・異物感が大きくなる傾向にあります。

 

また、摩耗や変色が起こりやすい、食べ物の熱が伝わりにくい、壊れやすいなどのデメリットを伴います。

 

そのため、経済面を重視しないのであれば、自由診療の入れ歯の方がおすすめといえます。

 

自由診療の入れ歯

自由診療の入れ歯は、使用する素材に制限がありません。

 

設計も自由に行えるため、より美しく、より快適な入れ歯を製作することが可能です。

 

具体的には、金属床義歯、アタッチメント義歯、ノンクラスプデンチャー、BPS義歯などがあります。

 

いずれも当院で取り扱っておりますので、興味のある方はいつでもお気軽にご相談ください。

 

部分入れ歯と総入れ歯の違い

部分入れ歯は、1~複数本の歯を失った際に適応される入れ歯です。

 

人工歯と義歯床、留め具であるクラスプから構成されます。

 

総入れ歯は、すべての歯を失った症例に適応される入れ歯です。

 

これらは希望によって選択するのではなく、お口の状態によって自ずと決まります。

 

それぞれの入れ歯の種類は、自由診療を選ぶことで自由に選択できます。

 

まとめ

このように、入れ歯にはいくつかの種類があります。

 

当院では、たくさんの入れ歯治療に対応しておりますので、初めて入れ歯を作る方はもちろん、今現在使っている入れ歯が合わないという方にも、最適といえる治療法をご提案することができます。