コラム|豊中市の歯医者【みやなが歯科こども歯科】矯正歯科

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
土曜診療時間:9:00~15:00

〒561-0851
大阪府豊中市服部元町2-4-20 Reflet服部元町1F

tel. 06-6866-8230
  • 地図
  • メニュー

入れ歯はこんな人におすすめ

皆さんこんにちは。

みやなが歯科こども歯科です。

 

歯というのは、いろいろな原因で失うことがあります。

 

最も一般的なのはむし歯や歯周病ですね。

 

交通事故などの外傷で歯を失うケースも珍しくありません。

 

そうした失った歯は、何らかの方法で補う必要が出てきます。

 

その際、入れ歯が第一選択となるようなケースについて、わかりやすく解説します。

 

たくさんの歯を失った場合

歯を失った場合、まず選択肢として挙げられるのが「ブリッジ」と「入れ歯」です。

 

この2つは保険が適用されますし、比較的短い期間で治療を完了させることが可能です。

 

そこで気になるのが適応症の違いですよね。

 

ブリッジと入れ歯では、基本的に失った歯の本数によっていずれかを選択することとなります。

 

1~2歯という少ない本数を失ったケースでは、固定式のブリッジの方が向いているといえます。

 

それ以上、あるいはすべての歯を失ったケースでは、入れ歯の方が向いています。

 

健康な歯を削りたくない場合

ブリッジと入れ歯では、残った歯にかかる負担も大きく変わってきます。

 

ブリッジを製作する時には、必ず「支台歯(しだいし)」となる両隣の健康な歯を削らなければなりません

 

そうしないとブリッジをお口の中に固定することができないのです。

 

しかも、噛んだ時の力は支台歯にかかることから、残った歯への負担も自ずと大きくなります。

 

一方、入れ歯はクラスプなどを引っ掛けることで歯列内に固定するので、健康な歯を大きく削る必要はありません。

 

ですから、残った歯への負担を最小限に抑えたいという方も入れ歯が向いているといえます。

 

着脱式でお手入れしやすい

入れ歯は、その他の治療法と異なり、装置を患者さまご自身で着脱していただけます。

 

お手入れもしやすく、お口の中のケアも行いやすいのが特長です。

 

そうした点も含めて、入れ歯治療を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

このように、入れ歯に向いている人と向いていない人がいますので、まずはお気軽に当院までご相談ください。

 

精密な診査診断を行ったのち、患者さまに最適といえる治療法をご提案いたします。