コラム|豊中市の歯医者【みやなが歯科こども歯科】矯正歯科

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
土曜診療時間:9:00~15:00

〒561-0851
大阪府豊中市服部元町2-4-20 Reflet服部元町1F

tel. 06-6866-8230
  • 地図
  • メニュー

子どもが受ける床矯正について

皆さんこんにちは。

みやなが歯科医院です。

 

子どもの矯正治療では「床矯正装置」というものを使用します。

 

一般的なワイヤー矯正はもちろんのこと、マウスピース矯正とも異なる矯正法だけに、その特徴についてはあまり詳しく知られていません。

 

そこで今回は、子どもが受ける床矯正についてわかりやすく解説します。

 

床矯正とは?

床矯正とは、入れ歯のような矯正装置を使用して、歯並びの異常を改善する治療法です。

 

床矯正装置は、取り外し可能であるため、それだけ聞くとマウスピース矯正と混同してしまいそうですが、実際は大きく異なります。

 

なぜなら、床矯正の主な目的は、顎の骨の幅を拡大することにあるからです。

 

拡大床に付随したスクリューを患者さまご自身で回していただくことで、矯正力が発揮されます。

 

抜歯の必要がない

床矯正は、抜歯の必要がない矯正法です。

 

なぜなら、不足しているスペースを顎骨の拡大によって確保することができるからです。

 

ただ、「歯並びを細かく整えるという」点においては、不適といえます。

 

また、顎の発育が途上にあるお子さまにしか適応できないという点にも注意しなければなりません。

 

費用が安い

一般的な矯正治療は、百万円前後の治療費がかかってしまうものです。

 

それはワイヤー矯正でも、マウスピース矯正でも同じです。

 

一方、床矯正であれば数万~数十万の費用で治療を完結させることが可能です。さ

 

らには、取り外し式の矯正装置であることから、施術に伴う痛みやストレスが少なく、お子さまご自身のペースで矯正できるというメリットもございます。

 

操作方法はそれほど難しくはありませんのでご安心ください。

 

まとめ

このように、床矯正というのは、お子さまの骨格的な異常を改善する上で、非常に有用な矯正法といえます。

 

そんな拡大床による矯正治療に興味がある方は、いつでもお気軽に当院までご相談ください。

 

矯正医がさらに詳しくご説明いたします。

 

その他の矯正治療に関しても、疑問があれば何でもお聞かせください。