コラム|豊中市の歯医者【みやなが歯科こども歯科】矯正歯科

診療時間
9:00~13:00
14:00~18:00

休診日:木曜・日曜・祝日
土曜診療時間:9:00~15:00

〒561-0851
大阪府豊中市服部元町2-4-20 Reflet服部元町1F

tel. 06-6866-8230
  • 地図
  • メニュー

歯周組織再生療法とは

皆さんこんにちは。

みやなが歯科医院です。

 

歯周病は、進行すると歯そのものを失ってしまう怖い病気です。

 

これは歯周病が重症化する過程で、歯ぐきや歯槽骨が破壊されるためです。

 

そうして失われた歯周組織は、自然治癒によって元通りになることはありません。

 

そこで有用なのが「歯周組織再生療法」です。

 

歯周組織再生療法ってなに?

歯周組織再生療法とは、歯周病などによって破壊された歯茎や歯槽骨を手術で再生させる治療法です。

 

具体的には、「エムドゲイン」や「リグロス」といった薬剤を使って、歯周組織を再生させます。

 

歯周組織再生療法の手順

歯周組織再生療法では、まず始めに歯茎をメスで切開し、歯根面を露出させます。

 

その上で歯垢や歯石、汚染された組織などを除去して歯根面をきれいにします。

 

続いて、患部に成長因子を含んだ薬剤を投与し、傷口を縫合したら処置は完了です。

 

時間が経過していくとともに、破壊された歯周組織の細胞や周囲の血管が再生していきます。

 

その結果、歯周組織も回復していくのです。

 

抜歯を免れることができる

重症化した歯周病では、抜歯を余儀なくされるケースが少なくありません。

 

歯周組織が歯を支えきれなくなるため、通常の歯周病治療を行ってもあまり意味をなさないからです。

 

歯周組織再生療法が成功すれば、歯を支える歯根膜や歯槽骨が回復するため、歯を抜かずに済むようになります。

 

これはお口全体の健康においても極めて重要なことです。

 

他院で抜歯と診断された方へ

他院で抜歯と診断された方も、当院の歯周病治療であれば歯を保存できるかもしれません。

 

もちろん、歯周組織再生療法はすべてのケースに適応できるわけではありませんが、歯を保存する道をできる限り追求いたします。

 

まとめ

このように、当院でも行っている歯周組織再生療法は、本来であれば抜歯せざるを得ないケースでも、歯を残すことが可能となるかもしれない素晴らしい治療法です。

 

施術法によっては保険も適用されますので、関心のある方はいつでも当院までご相談ください。